新着情報

日本農芸化学会トピックス賞の受賞のお知らせ

  この度、当社の好熱菌を活用した農業技術に関する学会報告が、共同研究先である理化学研究所、千葉大学、タキイ種苗とともにトピックス賞の受賞対象となりました。


好熱菌発酵産物が徐々に農業分野で利用されつつありますが、その作用機序の一端を計算科学を活用して明らかにしている点が評価されました。

好熱菌発酵産物は、空気中の窒素(N2)を固定して化学肥料を削減し、かつ温暖化ガスの一つである一酸化二窒素(N20)の発生を抑制するツールであることから、今後の農業現場での効率的な普及について、これまで以上に推し進めていくことが、地球環境の保全のために急務であると捉えています。

(※本研究概要は、現時点では、学会内のみ閲覧可能です)
 タイトル:好熱菌発酵産物由来の耐熱性機能性細菌Paenibacillus sp.の植物生育促進性候補遺伝子群の同定と構造方程式モデリングにおけるオミクス統計評価

 英語表記:Identification of plant-growth-promoting gene candidates in thermostable functional Paenibacillus sp. from thermophile-fermented compost, and their omics data-based statistical estimation by structural equation modeling.

 共同研究機関:千葉大院・園芸、(株)サーマス、日環科学(株)、理研・IMS、タキイ種苗(株)、(株)三六九、京葉ガスエナジーソリューション(株)、理研・CSRS

 <関連URL>

日本農芸化学会のプレスリリースサイトはこちら

千葉大学のプレスリリースはこちら

 

新着情報

ページトップへ